バナー

どんな時にも大切なものである食事

食事にはいろいろあるが楽しいこと苦しいこと、どんな時にも大切なものであると思います。
家族であれば何かの記念の時、誕生日や記念行事などの時思い出として残ります。

納得のカリフォルニアワイン関連情報を解説します。

今流行の女子会などは職場でのランチも含まれると思います。

そういえば最近はランチが豊富でどこでもたくさんのメニューがあります。

私みたいな叔母さん方もよくいっています。

先日主人と小5の娘といっよに食事に行った時の事です。隣に座ったご婦人2人はランチをしていました。


1人は話上手でずっとしゃべっていました。もう一人はずっと相槌をしながら聞いています。



よく見る光景だとおかしくなりました。

私もこうだからです。


どちらかというと聞き役の私です。



ランチでも結構ボリュウムがあるので全部食べられるかしら等と思っても案外しゃべりながら平らげてしまうから不思議です。

しゃべりながらよく食べます。
デザートになると別腹になります。

もうこれ以上入らないわといっててもこれがでてくるとまた平らげます。

食事そう食べる事は生きていくうえでも大切なもの。
そして人と人とがコミュニケーションを取って生きていくうえでも大切なものです。

核家族化が問題になって何年にもなりますが、家族で食事を取ることは本当に大切な事だと思います。例えばいがみあっていても美味しいものを食べれば気持ちが穏やかになります。
お腹が減るとイライラします。

食事はいろいろな場面で活躍します。


代表的なものは恋愛もそうです。

普通のデートもまずは食事から始まることが多いです。

人生の大イベントプロポーズは食事にいってワインでほろ酔い気分で、なんておしゃれな演出を私もしてほしかったです。

今となっては遅いですけど憧れです。

今も続いている家族での食事は本当に楽しいです。

この時期冬の休みに皆が揃って食事に行き、元気に帰ってきて美味しいものを頬張る顔が早く見たいです。


どんなハプニングがおこるか毎年恒例で誰かが何かヘマをするんです。